ねじを飛ばせ

No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  14

続報 秋田 最低賃金交渉

秋田から最低賃金交渉のニュースが届いたので転載します



みなさんこんばんは

今日の最低賃金審議会の傍聴行動には、前回初参加した青年労働者に加えて、秋大の仲間も参加して、5名で乗り込みました。

5人で横一列になって「生活できる賃金よこせ!」「1000円以上にしろ!」「一揆するぞ!」「労働運動の力で革命しよう!」「ワーキングプアー最低賃金絶対反対!」のプラカードをじゃーんとかかげ、その場を圧倒しました!

その様子が一瞬ですが、秋田ABSテレビで放送されています。

そのあと、この間の審議の経過が事務局から報告され、629円にしたいという提案が出されました。
 その中で資本家側が最低賃金を生活保護と比較することに反対するどころか、なんとサブプライムローンの破綻や秋田の雇用情勢が悪いことや賃上げ企業が少ないことを理由にして、最低賃金の大幅な上昇に反対していることが報告され、僕はなんども「ふざけるな!」「サブプライムローンの破綻の責任は労働者にはないぞ!」「自分たちが賃金を上げないことを理由にするな!」など怒りの声をたたきつけると、資本家の代表者たちは何度もぎょっとしてこちらを見ていました。

しかも11円の上昇でお茶を濁そうとする公益委員の意見も秀逸で、この10年間、最低賃金の引き上げ額はたいした金額ではなくてこれに引っかかるような事業所はほとんどないから、あげてもいいでしょというものなのです。まったくその通り! 11円あげたぐらいではほとんど意味がない! 公益委員はまさにあげてもたいしたことはないという理由をかかげて、死に体の資本家様に納得してくださいと懇願しているのです。ああこんな連中と心中する義務はもはや労働者にはないと確信しました。

このままでは何事もなく629円で決着させられそうだったので、「629円じゃ生きていけないぞ!あんたらそれで暮らしてみろ!」と弾劾し、会場から追い出されても断固抗議し続けました。

最後はみんなで抗議したぞ!と記念写真とりました!
DSCN0391.jpg


今回の行動は、資本主義を前提にした最低賃金のあり方に対して、労働者の生きさせろ!の怒りをやりたい放題でたたきつけたこと、そしてその闘いが新しい団結を拡大したという画期的な勝利を勝ち取りました。
そしてこの勝利の息吹を力にして、全社会的な賃上げゼネストの爆発に火をつけることが最大の課題であることがますますはっきりしたと思います。
そうです! すべての労働者が、自分の職場で生きさせろ!生活できる賃金よこせ!の決起を巻き起こすことこそが最大の課題なのです!次はそこに挑戦しましょう!僕はそう思いました


別窓 | 賃金アップ行動 | コメント:0 | トラックバック:3
∧top | under∨
No  13

最低賃金アップ要求行動報告(秋田)

秋田の仲間が、最低賃金アップ要求行動にたつ! 

 いいねーわが地元で! 

 以下報告です。勝手にアップ。





みなさん小林です! 

3日の最低賃金上げろ行動は、えがちゃんの職場の仲間も決起して大勝利しました!

労働局がある合同庁舎の5階第一会議室の入り口。5時からの秘密の会議の始まる時間にワーカーズフォーラムの4名は、「最低でも1000円以上にしろ!」「生活できる賃金よこせ!」「労働運動の力で革命やろう!」などのプラカードを掲げて断固登場しました。

労働局長に申し入れがしたいというと職員たちはあたふたして、ここに局長はいないというので、じゃあ委員に申し入れしたいと言ったら要請書を受け取ったので、では要請します!とえがちゃんがでっかい声で要請書を読み上げました!

dscn0357_convert_20080905174238.jpg


すると職員は困ったなあという顔になります。(笑)

dscn0359_convert_20080905174306.jpg


それでも断固えがちゃんが読み上げていると、彼らは失礼にも、要請を無視して会議室に入ってしまいました。(-_-;)

dscn0360_convert_20080905174331.jpg


見張りで残って、背中を向けちゃう職員。

dscn0367_convert_20080905174418.jpg

しかしそんなのには負けず、えがちゃんはおっきな声で生活できない最低賃金がいかに犯罪的な行為であるのかを弾劾しました。

dscn0375_convert_20080905174449.jpg

するとたまらずにまた出てきた。

dscn0377_convert_20080905174610.jpg

静かにしろとにらみつける。

dscn0376_convert_20080905174538.jpg

あきらめて要請書を読む職員
dscn0366_convert_20080905174354.jpg

けっきょくあらゆる妨害をはねのけて、要請行動を断固貫徹しました!6時からは傍聴ができる会議だというのですぐそばの控え室に陣取りました。するとマスコミや共産党系の労働組合の幹部もやってきて待っていました。

ぼくたちは例のプラカードをそこら中において、我が物顔でお互いの職場のことを話したりしました。

とりわけ圧巻だったのは、今回初めて知り合った青年労働者が

時給700円で一日4時間しか働かしてくれず、しかも食品工場で四六時中ずっと後ろから「早くしろ!」とか「仕事が遅い!」とかせかされ続けてほんとに我慢ができないと怒りの職場実態を聞くことができたことです。しかも資本は一日4時間以上働きたい人をそのままにしておいて、他方で増産体制だというのでどんどん季節雇用を増やして働く人は増やしているのだそうです!

だったら
8時間のフルタイム雇用をすべきじゃないか! 一日2800円でどうやって生きろと言うのか! 使い捨てできる安い短時間労働者をとことん搾取しているのです! これは人殺しじゃないのか!!


そんな話でヒートアップしているうちに、会議の方ももめてしまったようで、結局6時からのはずの公開の会議が延々7時近くになってしまったので、我々はふざけるなと会議室に突入し、みんなで並んで「生きていける賃金よこせー」と叫びました。職員は呆然。中にいる委員たちは、みなはいともいいえともつかない無表情で、凍り付いていました(笑)。僕たちはすっきりした面持ちで体制内のみなさんが残った労働局をあとにしました。(その後の報道では、東北各地の最低賃金は決まったのに、秋田はもめて、9日に持ち越したそうです)。

その後の総括で、「今日は本当に楽しかった」。「一致団結して大成功でした」「よい成果が得られた」という初参加者の感想がすべてを物語ったと思います。
もっと声を上げたいと言うことで、来週の9日の最低賃金の会議(今度は公開)にも押しかけようと言うことになりました。団結の拡大こそ私たちの最大の成果です!!




いやあ、いいねー。
秋田の管理職? 秋田のしぐさ丸出しで、情がわくなー。労働者魂にも火がついたが、里心にも火がついたわ。

別窓 | 賃金アップ行動 | コメント:1 | トラックバック:1
∧top | under∨
No  12

福田辞任! しょぼ!

 20080901-00000377-reu-bus_all-view-000.jpg
 

 福田首相やめたねー。

 なんかしょぼいな。そんな簡単にやめられてもつまんないな。
 
 なんか周りとバトルしてやめるならともかく。

  「ヤッパリ感ありましたよねー(笑)」とか町の人に言われてるし。

 この時代じゃねー----。誰が首相になっても、方針出せつっても無理あるわな-。

 民衆にとってはむかつく方針しか出ないよ。むきだしの資本主義にしないと体制なりたたないもん。

 資本主義を前提にしてたらやってらんないよ。

 
 僕が方針だそう! 革命! 「レーニン型」共産主義!
 
 強度の累進課税。金持ちから金取り上げー。労働者による生産管理。

 政治家は役に立たないので、革命に向かって、ゼネラルストライキを組織しましょう。

 労働組合をガリガリ、資本とたたかう団体に変えよう! 

 世界中で労働者のゼネストが巻き起こっている。世界いっせいに変わるチャンスじゃん。  

 
 
別窓 | 政治 | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
No  10

石岡さん、有賀さんを雇い止め? ふざけるな!

 1220106075.jpg
1220105240.jpg
 昨日、岡山の石岡さん、そして今日は、広島の有賀さんが郵便局に9月末での雇い止めを通告された。連日のユウメイト雇い止め! 絶対に許せない。

 2人とも郵便局の過酷な労働条件に対して、自分の首をかえりみず、献身的に闘ってきた人たちです。労働者への扱いのでたらめさを突きつけられた、そのお返しがこれか! どれだけ終わっているんだ。どんだけ根性ねじ曲がっているのか! 

 も含めて、一体いままでどれだけの人間が上の勝手な判断で首を切られてきたことか! 突然の雇い止めで涙を流した人間はもう数え切れないほど生み出されている。秋葉原事件! 人の首を切ることがどれだけ人間性を破壊するのか。どれだけの絶望と喪失感を与えるのか! 社長・当局は何も学ぼうとはしない。

 あいつらはそれで良いんだと思っているんだ。何人首を切って、そいつが死のうが、誰かを殺そうがいっこうに構わないんだ。それでこの金もうけの社会が当たり前に回ればそれでいいんだという考えなんだ。

 あいつらは法律すらお構いなしに、俺たちからいかに金を搾り取るかしか考えていない。
 俺たちには過労死か! それとも逃げ出すか! ペットボトルのように捨てられるかしかないのだろうか! そんなことはない。絶対ない。私たちが団結したら、あのむかつく支店長に一泡吹かせてやることが出来る。みんなでストライキをしたらあいつらは俺たちの言うことを聞くしかないんだ! 支配はひっくり返すことができるはずだ! 

 団結の力で有賀さん、石岡さんの雇い止めを撤回させよう!


 
別窓 | 雇い止め | コメント:2 | トラックバック:1
∧top | under∨
No  9

たたかう労働者の新聞「前進」を職場の前で売ってきました

P1000030_convert_20080821194316.jpg
 
今日は、久しぶりに職場の前に登場。

 いつもだったらチラシを撒いて、演説するだけだけど、今日はさらにエスカレートしました。

 今日は、労働者にはみんなに読んで欲しい新聞、「前進」を売りました。

 けっこう売れましたね。しかも、今日はたまたま管理職が総出でいなかったから、監視する奴もいなくて、やりたい放題でした。雨降ってたから、やめようかなと思っていたけど、やって良かったです。

  
 前進とは、労働者の政党・中核派(革命的労働者同盟)の新聞です。かなりの「本格派」の新聞です。中核派は、「労働運動で革命をやろう」と訴えている政党です。

 世の中には、いろんな政党があり、労働者民衆の味方面をしていますが、結局のところ、資本主義のシステムを前提としているために、スッキリしません。例えば、郵便局は経営がうまくいっていませんが、じゃあうまくいかないからって、過酷な労働や低賃金や不安定な雇用についてどうするのか?そういう問題が上がったときに、労働者の闘いを押さえ込む役割を果たしているのが、そういった政党です。彼らの言うことはせいぜい 「社長にルールを守らせる」程度でしかないのです。

 では、僕はどうなるのでしょうか? 一ヶ月でクビを切られ、法律は守ってくれません。人のクビを切ることが法律で保証されているのです。たかだか一ヶ月前通告でしかないのです。冗談ではありません。こういう支配されている関係を覆したいのです。

 「資本に評価される覚えはない」「労基法も守れない経営だったら破綻してしまっていい。そのかわり、労働者が社長を追い出して、自分たちで運営してやる」「労働者に権力をよこせ」と、あくまでも労働者の立場に立ちきっているのが中核派です。中核派の労働運動は、仲間を見捨てない、本当の絆作りです。それを資本と非和解で闘い抜く中で作っています。 

 会社・社長と癒着して腐っている労働組合が多い中で、この前進に紹介されている労働組合や労働者は、社長やなんかとゴリゴリ闘っているのです。すごく勇気がわいてきます。

 僕はこの新聞を一緒にみんなと読んで、団結して闘いたいと思っています。

 P1000032_convert_20080821194244.jpg


 
別窓 | たたかう新聞 | コメント:4 | トラックバック:2
∧top | under∨
BACK | ねじを飛ばせ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。